簡単ホームページ活用の秘訣~インターネット戦略のノウハウ~

検索

風評被害の対策

会議

風評被害とは根拠の無い噂によって被害を受けることを言います。例えば事件や事故が起こった場合に報道が不適切な内容のことを発言したり発信したために、これに本来は無関係であるはずの人や団体が損害を被るケースがあります。身近な例では食品の販売で食中毒とか異物混入とかが起きた場合に事実が正確に伝えられなかったためにこれが元で売れなくなってしまうことなどが良く知られています。過去の例では風評被害対策の条例が制定されたこともあります。これによって実際に経済的な被害を被った場合には被害の範囲内で風評被害対策給付金が支給されることになります。東日本大震災の原発事故が起こった際にも発生したことがあります。経済産業省の医療機器分野の研究会においても製造者のリスクとして内容が検討された事例があります。

風評被害対策として業者に依頼することもあります。この場合でも本当に信頼に値する業者であるのかどうかを吟味する必要があります。特に電話での対応は誠意の判断材料になることも多いとされます。業者に依頼する場合にはその見積り内容にも目を通し、細かな費用についてもチェックを怠らないことが重要です。項目別にこれをチェックすることで料金の構成もはっきりとわかり、業者の要求する内容がわかるものです。そこに僅かの不鮮明な内容のものが含まれている場合にはさらに細かな見積書の提出をしてもらうようにしたいものです。それと同時に推薦ではなくて自ら面談したりして自分の目を通して業者を選ぶことが重要です。サイトの内容を確認したり、口コミ情報を参考にするという方法も取れます。複数の会社の中から選択することも風評被害対策としては有効となります。